本文へスキップ

みなさまの健康をサポートします 公益社団法人大阪府鍼灸マッサージ師会

電話でのお問い合わせはTEL.06-6624-3331

〒545-0011 大阪市阿倍野区昭和町2-5-10

  症状別・ジャンル別に調べる

 腰痛


腰痛イメージ
国民生活基礎調査の性別でみた有訴者率で、男性に最も多いのが腰痛で、一般の方が鍼灸マッサージを受療される中で、最も多い症状です。

その腰痛ですが、医師の診察及び検査で原因が特定できる特異的腰痛は15%、厳密な原因が特定できない非特異的腰痛が85%といわれています。

原因が特定できる特異的腰痛(15%)

椎間板ヘルニア 4~5%、脊柱管狭窄症 4~5%、圧迫骨折 4%
感染性脊椎炎や癌の脊椎転移 1%
大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患 1%未満

特に安静にしていても痛みが軽くならない、しだいに悪化する、発熱している、下肢がしびれたり力が入らない、尿漏れがするなどの症状を伴っている場合は、放置したり自分で管理することは禁物で、すみやかに医療機関に受診されることをおすすめします。

厳密な原因が特定できない非特異的腰痛(85%)
腰痛は、ぎっくり腰など急性のものから、慢性的な痛み、下肢にしびれを伴うものなどさまざまです。
四足歩行から二足歩行に進化した人類は、重力に逆らって直立した姿勢を保持するため、約5㎏もある頭部を脊柱を軸として支える必要があり、その要となる腰部への負担は大きく、腰痛は人類の宿命ともいわれます。
腰のみの問題ではなく、日常生活の姿勢や労作に伴う腰痛は圧倒的に多く、運動やストレッチなどのセルフケアで予防できる部分も多いです。

腰痛の症状のみに着目するのではなく、東洋医学の観点から全身の健康状態にも着目してアプローチできるところが鍼灸マッサージのすばらしいところです。


腰痛でお困りの方は、お近くの鍼灸マッサージ院へご相談ください。
   ↓ ↓ ↓


(鍼灸net 掲載記事)
腰痛に対して鍼灸はどう効くのか ー アメリカ





 

information

公益社団法人
大阪府鍼灸マッサージ師会

〒545-0011
大阪市阿倍野区昭和町2-5-10
TEL.06-6624-3331
FAX.06-6624-5141